今、学ぶならWeb制作 - デザイナーの仕事やデザインソフト、基礎スキルの紹介までweb制作の情報サイト

Webデザインでよく使われるソフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Webデザインでよく使用されるソフトと言えば、「Adobe Photoshop」、「Adobe Firework」、「Adobe Illustrator」。ご覧の通り全てAdobeのソフトです。特に使われているのは「Adobe Photoshop」ですがここでは3つのソフトの概要をご紹介したいと思います。

Adobe Illustrator

グラフィックス描画アプリケーションソフトです。「ベクター形式」の画像を作成します。ベクター形式とは2点以上を決めると後はコンピューターの計算によって表される画像のことです。メリットとしては拡大しても荒くならず、また後からの修正が容易にできることです。Webデザインでは主にロゴやアイコン、イラストなどを作る際に利用されることが多いようです。

Adobe Photoshop

「ビットマップ形式」の画像を主に扱うソフトですビットマップ形式の画像とは小さな点(ドット)が集まって出来ている画像のことです。フォトレタッチソフトとも呼ばれ、既存の画像に特殊効果を施したり、編集したりすることが主な機能となります。高機能で難しい面もありますが、スキルを高めれば、グラフィックスよりのWebデザインが可能になります。

Adobe Firework

このソフトウェアの最大の特徴はWebデザインに完全に特化しているソフトだということです。さらに、「ビットマップ形式」と「ベクター形式」を同時に扱うことができることも大きな特徴となっています。言わば、IllustratorとPhotoshopの機能を大幅に削ったものを足して2で割りWebの機能を追加したものです。Webデザイン用に特化したソフトなので、効率的に作業ができるのが魅力です。

おすすめ記事

Copyright (C)2017今、学ぶならWeb制作 - デザイナーの仕事やデザインソフト、基礎スキルの紹介までweb制作の情報サイト.All rights reserved.